老化を招く活性酸素を瞬く間に撃退|水素水の効果でキレイな体へ

用途に合わせて選ぶ

ウォーターサーバー

いろいろな型タイプがある

水素水サーバーには種類があり、設置型・置き型・水道直結型・持ち運び型など家庭や用途に合わせたものが選べます。設置型は見た感じがミネラルウォーターのサーバーと似ていますが、メーカーにより普通の水素水サーバーと高濃度水素水サーバーに分かれます。高濃度水素水サーバーでは水素の濃度がとても濃いので、水が白く濁っていることがあります。ガウラという人気の高濃度水素水サーバーは水道直結型なので使用を始めるにあたり水道工事を行いますが、水ボトルの交換が必要ないので管理は楽です。また、冷水だけでなく温水も出ます。水道工事を行いたくない場合は、置き型が向きます。置き型は設置型と比べて小型なので水素水の質が心配されますが、置き型でも高濃度水素水サーバーになっているので設置スペースがない方にもおすすめされます。持ち運び型は出先でも水素水を飲用したい方に人気があり、会社に行く時やスポーツをする時に持っていく方が多いようです。持ち運びのことを考えて作られているので作れる量は少ないのですが、高濃度の水素水を作ることは可能です。

場所や用途を考慮して選ぶ

水素水サーバーの使用を検討する時は、設置スペースの有無が一番大事なことです。設置できる場所があるなら設置型、場所がないなら置き型を選ぶことが勧められますが、温水機能は置き型にはついていないメーカーが多いです。温水機能がどうしても欲しい場合は、室内にサーバーを置くことができるスペースを作ることが必要です。温水機能があると、コーヒーや紅茶だけでなくインスタントの味噌汁なども水素水で作ることができます。販売されている多くの水素水は純水に水素を人工的に加えていますが、水素は水から出て空気へ逃げる性質があります。ペットボトルではキャップを開けた途端に水素が逃げ出すので、飲む直前に水素水を作るサーバーの方がペットボトルで販売されている水素水より水素をちゃんと摂取できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加